■総務広報委員会
スローガン「百万一心~大きな団結の輪~」

総務広報委員会 委員長 金子  遥
財務理事 安武 芳洋
副委員長 川西 翔太
広報理事 矢部 千尋

基本方針:

単年度制である青年会議所に於いて、組織力の強化、地域に根差した広報活動は事業の構築に際し重要な課題となる中、組織の一員である事への当事者意識の希薄化が見え、広報では対内的な発信に偏りがちとなっております。そこで、組織を中枢から強化できる基盤を整え、我々の運動に対して信頼と共感を得られる広報を発信するとともに、総務として全ての事業の下支えとなり、地域と一つの輪になれるよう行動していく必要があります。

まずは、新年度の方針と新体制を発表し最高のスタートを切るために、新年式典を行い、茅ヶ崎JCの熱い想いを発信します。そして、組織力を中枢から強化するために、新年総会を開催し、強固な絆のある基盤を構築します。さらに、地域事業を共に構築するために、湘南祭のステージブースに参画します。また、先輩達との交流を図り、絆を深めるために、シニアクラブ交流会へ参画します。そして、出向への意識醸成を図るために、出向者報告会を行い、多様な価値観を持つ仲間との出会いの魅力を伝えます。さらに、最高の形で次年度へ襷を繋げるために、規律意識を持った定時総会を行い、高いステージへの橋渡しの場とします。また、卒業生の経験と胸に秘めた熱い想いを受け継ぐために、卒業式を開催します。そして、地域へ発信するだけでなく受信してもらう広報を行うために、わかり易いHPを作成し、各種SNSを用い、メンバー一丸となり我々の運動を届けるとともに、地域を巻きこみ、茅ヶ崎JCの運動をより身近に感じてもらいます。さらに、各委員会が事業に挑む環境を整えるために、コンプライアンスの審査及び財務管理を行います。

地域と我々の関係が今まで以上に深まり、まちづくり運動の先導者である自覚を持った茅ヶ崎JCの運動が、まちの未来へ明るい影響を与え、事業を通し多くの笑顔が生まれ、やがて笑顔は信頼へと変わり、我々と地域の繋がりはより強固なものになると確信します。

事業計画:

1.全体事業への参画
2.1 月第一例会(新年式典)
3.1 月第二例会(新年総会)
4.5月例会(湘南祭ステージ担当)
5.シニアクラブ交流会への参画
6.9月例会(出向者報告会)
7.11月例会(定時総会第一部)
8.12月例会(卒業式第一部)
9.ホームページの立上げ及び更新
10.広報活動及びブランディング活用
11.財務及びコンプライアンスの管理

■地域渉外委員会
スローガン「ALWAYS ENJOY!!」

地域渉外委員会 委員長 望月 信史
副委員長 高久 秀明

基本方針:

今後の茅ヶ崎のまちの発展においては、地域諸団体それぞれが横に繋がり、同じ方向を向いて活動をする必要があり、それを牽引する組織として、茅ヶ崎JCが地域に存在感を発揮しなければなりません。そこで、地域諸団体に対し感謝の想いを持って関わり、茅ヶ崎JCへの共感を抱いてもらう姿勢を見せるとともに、メンバー一人ひとりに成長への多種多様な機会を提供し、地域に頼られる組織としてLOMの底上げをする必要があります。

まずは、我々メンバーが勢いよく一歩を踏み出すために、笑顔でスタートを切れる新年会を開催します。そして、共に湘南地域を盛り上げる仲間として、今まで以上に交流を深めるために、寒川JCとの合同例会を開催し、お互いの発展に繋げます。さらに、成り立ちや変遷を知り、それぞれの想いを理解した上で、地域への感謝を体現するために、各種祭事やサザンビーチフェスタ実行委員会に参画し、さらに信頼関係を深めます。また、各地域に出向しているメンバーにエールを送ると同時に、JCのスケールの大きさや国際性を体感するために、日本JCの3大大会をはじめ各種大会に参画し、お互いに刺激や気づきを得るとともに、自らの成長に期待しさらなる高みを目指すメンバーとなり、LOMの成長へ繋げます。そして、津JCと紡いできた友情の歴史を振り返り、交流を次の世代に繋げるとともに、JCでしか味わえない仲間とのかけがえのない出会いをするために、合同交流事業を開催し、お互いの発展に繋げます。さらに、卒業生にとって最高のひとときを演出し、JCライフに誇りを持って旅立ってもらうために、卒業式第二部を開催します。

様々な機会に触れ成長を遂げたメンバーは、伸びしろのある自分に大きな夢を描き、動き出し、LOMのさらなる発展へ導きます。また、地域と確かな信頼関係を得た茅ヶ崎JCは、まちの人々を力強く牽引し、躍動感の溢れる茅ヶ崎のまちとなることを確信します。

事業計画:

1.全体事業への参画
2.1月新年会
3.京都会議への参画
4.津JCとの交流会
5.3月第一例会(寒川合同)
6.地域事業への参画
7.関東地区フォーラム及び関東地区大会への参画
8.ASPAC(韓国 済州島)への参画
9.サマーコンファレンスへの参画
10.ブロック大会(横須賀)への参画
11.全国大会(富山)への参画
12.12月例会(卒業式第二部)
13.サザンビーチフェスタ実行委員会への参画

■LOVE&PRIDE醸成委員会
スローガン「まちの記憶、文化を灯そう、溢れる想いで」

LOVE&PRIDE醸成委員会 委員長 吉田 健太
副委員長 大川 明嗣

基本方針:

茅ヶ崎のまちは現在も多くの移住者を惹きつける一方で、地域に根付いた文化に日常生活を通じてふれ合う機会は減少し、精神的に豊かなまちづくりに必要な地域コミュニティへの帰属意識も薄れつつあります。地域文化はまちの魅力を生みだす源泉であり、これからも茅ヶ崎が多様なライフスタイルを包容するまちであるために、私たちは地域文化が果たす役割を自覚し、まちに愛情と誇りを持つ市民意識の輪を未来へ広げることが必要です。

まずは、5月例会で湘南祭実行委員会に参画し、まちの歴史や伝統が茅ヶ崎の豊かな精神性を創り出していることを継承するために、地域コミュニティと協力して、茅ヶ崎に伝わる民話や郷土料理、そしてお祭りを主なテーマとした、文化と楽しく接することができる体験型の事業を、来場する多くの子供たちやその家族に向けて躍動的に発信することで、茅ヶ崎の旧くも新鮮に感じるまちの魅力の再発見と地域への深い愛着を育みます。そして8月例会では、スローライフに代表される茅ヶ崎特有の空気感の中で、未来を担う若い溢れる感性がさらに輝いていくために、茅ヶ崎の穏やかな自然環境を舞台として、まちの豊かな風土を肌で感じとり、地域に生まれる新たな文化をいきいきと経験できる事業を、市内の小学生に向けて行うことで、記憶にいつまでも残る故郷への確かな想いと力強いシティプライドを生み出します。さらに、湘南が観光的魅力を高め、益々多くの人々が訪れる地域となるために、幹事LOMとして湘南4LOMのメンバーと共に活気のある湘南4LOMまちづくり会議を実行し、各地域の魅力を相乗効果で高める合同事業を構築します。

まちの特色ある文化を再発見した市民たちが地域との結びつきを高め、未来を担う子供たちの溢れる感性が輝き、深い愛郷心を土台に多様な魅力が次々に産声を上げる茅ヶ崎のまちは、これからも多くの人々を惹きつける真に豊かで幸せなまちなることを確信します。

事業計画:

1.全体事業への参画
2.5月例会
3.湘南4LOM合同事業
4.8月例会
5.湘南4LOM合同懇談会
6.湘南4LOMまちづくり会議への参画

■JC力強化委員会
スローガン「成長そしてその先へ」

JC力強化委員会 委員長 門馬 大介
副委員長 石川 勝教

基本方針:

茅ヶ崎JCは近年、会員数の減少や在籍年数の短期化に伴い、先輩諸兄が築き上げきてきた、歴史やJCの魅力を伝えることが難しくなってきており、運動に対する目的意識の希薄化が懸念されます。今こそ、我々はまちづくり組織の先頭に立つ存在として、JC運動の意義や本質を理解し、茅ヶ崎JCの組織力を向上させ、誰からも認められる青年経済人として変革させ、まちや自身の会社を牽引できるメンバー育成が急務であると考えます。

まずは、JCの魅力や本質を理解するために、ベーシック研修と同時に経営開発やリーダー育成に関する年3回の研修事業を開催し、JAYCEEとしての品格と責任感を醸成しメンバーのスキルアップに繋げて参ります。そして、メンバーがまちのリーダーとして率先して行動をとるために、強い志を持ち合わせる講師を招いた交流会を行い、新たな出会いを通じて刺激を受け、まちづくりを牽引していく意識向上を図り、組織力を高めて参ります。さらに、多種多様な考えを持つ講師から多くの学びと気づきの機会を得るために、神奈川ブロック協議会だからこそ出来るスケールメリットを生かしたベーシック研修に参画し、更なるJC力の強化に繋げて参ります。また、まちづくりへの意欲を高めるために、茅ヶ崎市長を迎えた例会を開催し、このまちの未来を考え、まちが抱える問題点をメンバーが今以上に理解し、積極的にまちづくり活動していく意識の向上を図ります。そして、市民参加型事業への意欲を高めるために、茅ヶ崎JC、行政、文教大学と市民討議会実行委員会に参画し、市民の潜在的意見を抽出し、まちづくり活動へ活かす一助とします。

研修を通じて学びを得て更なる成長を遂げたメンバーが、いつまでも地域愛溢れるまちづくり運動に邁進してまちを牽引し、やがて私たちの熱い想いや強い絆が多くの市民の心に届き、茅ヶ崎のまちは、魅力的で活力ある人々が溢れる豊かなまちになると確信します。

事業計画:

1.全体事業への参画
2.3月例会(異業種交流会)
3.7月例会
4.会員研修(年3回)
5.神奈川ブロック協議会 ベーシック研修引率
6.市民討議会への参画

■拡大委員会
スローガン「明日を創るために今を熱く」

拡大委員会 委員長 小出 俊介
副委員長理事 加賀妻 英樹

基本方針:

茅ヶ崎JCにおいてメンバーの拡大は最重要課題であり、次世代に想いを繋いでいくためにも、メンバー全員が危機感をもって取り組まなければ、まちづくり活動の規模が縮小し、豊かな社会の実現を遠ざけてしまいます。JCの基盤となる志高い仲間を増やすことが、まちづくりには必要だということを理解して、多種多様で新しい価値観を持った人財を増やし、より大きな運動を展開し、魅力あふれるまちを創り続けていくことが必要です。

まずは、まちの未来を支えるであろう青年経済人との接点をつくるために、同世代で活躍する様々な人財と出会える2月例会を開催し、ゲストにJCを介しての出会いやキャリアアップにも関心をもって頂き、JC活動することの魅力を発信し、入会へと導きます。そして、多彩な価値観を持った青年経済人にゲストとして来て頂くために、異業種交流会を開催し、様々な分野の講師による講義と交流会を開催することで、参加者に青年会議所の魅力である出会いと学びの機会を体験して頂き、入会へと導きます。また、各種事業で茅ヶ崎JCの魅力に触れたゲストや、多くの仲間と共に成長を遂げたいという人財に入会して頂くために、6月例会を開催し、参加者にJAYCEEとしてのやりがいや出会いの大切さ、まちづくりへの情熱を伝えることで、40歳までという限られた時間の中で、今こそ茅ヶ崎JCのメンバーとして切磋琢磨して想いを醸成して頂き、拡大に繋げます。さらに、全ての事業を会員拡大と連動するために、拡大情報共有会議を毎月行い、30名という数値目標を掲げ進捗状況と翌月への短期目標を共有し、拡大への機運を高め続けます。

この組織で得られる様々な学びや出会いの機会の中で豊かな人格を形成し、多様性とリーダーシップを兼ね備えた人財が増え、茅ヶ崎JCはより大きな活動が出来る絆の強い組織へと発展し、茅ヶ崎を愛と笑顔が常にあふれる魅力あるまちへ導いていくと確信します。

事業計画:

1.全体事業への参画
2.2月例会
3.異業種交流会
4.6月例会
5.拡大情報共有会議
6.拡大活動

■茅ヶ崎まちづくり特別会議
スローガン「茅ヶ崎~世界に誇れるまちをめざして~」

茅ヶ崎まちづくり特別会議 副議長 竹内 悟門
幹 事 和田  梓

基本方針:

高齢化社会が進み、若年層就労といった人財活用の活性化や、空地や空き家の増加、観光設備の不足、海岸の浸食問題といった課題も大きな焦点となり、自然に囲まれた生活環境を守り、より豊かにする事が重要です。幅広い問題を解決し、茅ヶ崎が持つ可能性を発揮していくためには、まち全体が一丸となり、中長期的な活性化開発目標に同じ方向を向き行動する事が重要で、断片的な取り組みでなく、関連性を持ち行動する必要があります。

まずは、まちづくりの中長期計画の礎となり、茅ヶ崎が安心して住み続けられるまちになるために、茅ヶ崎JCが先頭に立ち、LOM全体が一致団結して情報を共有し合い、地域経済を活性化するSDGsを取り入れた公開会議を定期的に行います。そして、4月例会では、茅ヶ崎が持つ可能性を引き出し、地域資源が活性化することで暮らしが豊かになっていくために、空地や空き家の有効活用など地域資源の活性化に繋がるまちづくりフォーラムを開催し、市民に周知と共感を得てまち全体で取り組む発端となる事業に致します。さらに、10月例会のハロウィン事業では、持続可能な開発目標に取り組む必要性を次世代の子供たちに伝えるために、多種多様な視点を取り入れ、地域の発展を願い子供たちと楽しみながら、創造と革新が溢れるスローライフをテーマに、明るい茅ヶ崎の未来と、自然に囲まれ安心して住めるまちづくり事業を行います。また、11月例会では、茅ヶ崎JCが進めた基盤構築の実績と、今後の方向性を示し次年度に引き継ぐ役目を果たすために、本年度築いた各例会と公開会議の実績を報告し次年度への新たなステップへ繋げます。

茅ヶ崎JCがまちの基盤となり、各諸団体が共に手を取り合って可能性を引き出し、都市と自然が共存する社会と、地域の資源や経済の活性化が進み、様々な世代の方が幅広い分野で活躍する、一人ひとりが生き生きと輝き世界に誇れるまちになることを確信します。

事業計画:

1.全体事業への参画
2.茅ヶ崎まちづくり特別会議(定期開催)
3.4月例会
4.10月例会
5.11月例会