委員長      菅原 瑞紀

副委員長理事   川野 周人

《 事業計画 》

  1. 全体事業への参画
  2. 5月例会
  3. 8月例会
  4. 広報活動
  5. 委員会内研修
  6. 市民討議会実行委員会への参画

《 基本方針 》

スローガン
「出会い~子供たちの未来に希望を~」

 昨今のオンラインの発達は利便性を向上させる一方で、子供たちにとっては様々な大人たちとの、リアルな出会いの場が減少し地域とのつながりや、多様な視点から学び、視野を広げる機会が得づらくなっています。そこで、子供たちが主体的に人生を選択してきた、魅力ある大人たちと出会い、つながりを創り、生き様を学び、自らがカッコ良いと思う大人の姿を思い描けるようになり、未来の茅ヶ崎を担う人財へと成長することが必要です。

 まずは、多様な活動を行っている魅力的な個人や団体とネットワークを構築するために、JCI茅ヶ崎の諸先輩方や、茅ヶ崎で主体的に人生を選択している方々と、相互理解を図る活動を実施します。そして、子供たちがこのまちに暮らす様々な大人たちと、直接的な関わりをもつことができるきっかけを作るために、JCI茅ヶ崎として自信をもって紹介できる方々にご協力を頂き、子供たちが多種多様な大人たちと出会い、その多様な視点と生き様を学び、視野を広げることができる5月例会を開催します。また、子供たちが主体性をもって自らのやりたいこと、なりたいものを楽しみながら表現し、大人たちと密にコミュニケーションをとりつつ、地域とのつながりをさらに強固にするために、5月例会にご参加頂いた方々にもご協力を頂き、子供たち一人ひとりが思い描くカッコ良い大人に、少しでも近づけたと体感することができる8月例会を開催します。さらに、茅ヶ崎のまちが抱える課題に対し潜在的意見を地域住民より抽出しまちづくり運動へ活かすために、JCI茅ヶ崎、行政、文教大学と協働して開催される市民討議会実行委員会に参画します。

 これからの茅ヶ崎を牽引する人財へと成長した子供たちは、自身の暮らすまちに対し愛郷心をもち、その気持ちを次世代へと伝播させることを継続させていくことで、魅力的な人の集うまちとなり、創造と革新が溢れるスローライフなまちへとつながると確信します。