総務広報委員会

総務広報委員会

委員長 吉田 健太

総務広報委員会 基本方針

委員長  吉田 健太
財務理事 板倉 祐基
副委員長  紀伊 智裕
広報理事  ヴィルップ 愛美
副広報理事 桝 晴太郎

スローガン「組織を想う力」

 地域のまちづくりに力強い役割を果たすことが青年運動の本質であり、茅ヶ崎JCの存在価値をさらに高めるうえでは、過去から蓄積された規律の維持と広報の強化を両軸とし、一段と効率的な組織運営への転換が求められています。各委員会への事業協力と個々のメンバーへのフォローはもとより、団体としての規律を高め、外部への発信と内部の熱気が高まる広報を実現し、青年運動の推進力が高まる組織基盤を構築しなければなりません。
 まずは、茅ヶ崎JCの新たな方針と体制を発表するために、新年式典を行い、まちづくりへの新たな決意を地域に発信します。そして、全メンバーがLOMの方針にコミットするために、新年総会を行い、事業達成に向けた一体感を醸成します。さらに、地域諸団体との関係性を育むために、湘南祭ステージブースに参画します。また、JCの国際性を体感するために、ASPACに参画します。そして、メンバーを新たな活躍の舞台に導くために、出向者報告会を行い、さらなる成長の機会へと導きます。さらに、先輩諸氏との交流を通じ志にふれるために、シニアクラブ交流会に参加します。また、次年度にたすきを繋ぐために、定時総会を行い、事業のさらなる発展に向けた橋渡しを行います。そして、卒業生の想いを組織として受け継ぐために、卒業式を開催し、感情の共鳴による一生の絆を育みます。さらに、青年運動に対する地域からの共感とメンバーの活動意欲を促進するために、躍動的な発信とメンバー拡大に貢献する広報を構築します。また、地域からの信頼性をさらに高めるために、規律の維持と、コンプライアンス及び財務管理を徹底します。
 品格ある規律の中で、地域に躍動的に発信される、互いを思いやるメンバーたちの意欲的な青年運動は、さらに多くの市民たちからの共感を得ることで、地域のまちづくりに確固たる役割を果たし、茅ヶ崎のまちの豊かで幸せな未来を実現することを確信いたします。

<事業計画>

1. 全体事業への参画
2. 新規HPの立上げ・更新
3. 1月第一例会(新年式典)
4. 1月第二例会(新年総会)
5. 湘南祭(ステージ担当)
6. ASPAC引率
7. 9月例会(出向者報告会)
8. シニアクラブ交流会
9. 11月例会(定時総会)
10.12月例会(卒業式第一部)
11.広報活動及びブランディング活用
12.財務及びコンプライアンスの管理