第3回会員研修「JCの活かし方」

先日、3回目となる会員研修が開催されました。

会場はハマミーナのコミュニティカフェ カオトオカさんです。

3回目となる今回は、身近なリーダーということで、茅ヶ崎JCでは「正副」呼ばれる副理事長と議長に、仕事とJC、家庭とJCについてお話しを聴きました。

岡本理事長の挨拶にも熱が入ります

趣旨説明はJC力強化委員会委員長 門馬大介君です

登場したのは

副理事長 瀬川政仁君

副理事長 北川哲也君

副理事長 小林拓也君

議長 藤澤努君

メンバー同士なので、普段顔を合わせる関係ですが、JCの事業のことを話題にするのがほとんどである一方で、意外にも語られることがない、仕事とJC、家庭とJCのお話し。

参加者メンバーがslido(スライドゥー)でその場で質問を投げかけて行きます。

みなさん、それぞれ、社業は異なりますが、仕事とJCの先回りしてスケジューリングしたり、家族との時間を作ることをJCに入会する前よりも工夫できるようになったり。

具体的な向き合い方は、新入会員や歴が長いメンバーにも参考になったのでは無いでしょうか。

わたし達の活動は身近な家族の支えと理解無くては成り立ちません。

身近な人たちに「JCに入って良かったね」と言ってもらえることが、自分が成長出来た証では無いでしょうか。

それぞれに、これからの自分のJCライフを改めて考える時間になりました。

************

本年の会員研修は全て終了しました。

第一回目はVMVを受講。相模原JCの山本久美子先輩をトレーナーに迎え、JCとはなにか?を学びました。

第二回目は、公益社団法人相模原青年会議所 歴代理事長で、神奈川ブロック協議会歴代会長の柴田正隆先輩を迎え、経営開発について学びました。

貴重な学びの機会を、今後の活動に生かしてまいります。