5月例会 茅ヶ崎の文化体験祭り2019~今日から君も「ちがんちゅ」だ!~開催報告

5月25日・26日の2日間、湘南祭2019の会場にて、5月例会が開催されました。
2016年から続けている茅ヶ崎JC恒例の、神輿文化継承プロジェクトです。
今年は
〇浜降り祭の由来の紙芝居
〇神輿職人中里康則さんによる神輿の組み木体験
〇子ども神輿体験
の3テーマで行いました。

メンバー作成の木枠、メンバー作成の紙芝居の上演

紙芝居小屋のような会場で、皆で「どっこいそーりゃー」「どっこいそーりゃー」と掛け声をあげました。

相州神輿は「ワッショイワッショイ」では無い所が特徴的です。

神輿職人中里さんによる組み木体験

神輿は金属ではなく木製です。それぞれの木を釘で打ち付けるのではなく、木同士を刺したり組み合わせたりして出来上がっています
模型を使って組み木体験です。

その後、大人神輿に触ってみる。中里さんが作成したお神輿には十二支が彫り込まれています。皆、自分の干支が見つかると笑顔に。烏帽子岩や南湖の左富士の装飾もされています。

子ども神輿を担いでみよう!

今宿祭囃子愛好会の皆さんのお囃子で盛り上げられます。

法被を着て手ぬぐいを頭に巻いて。皆でお神輿を担ぎました。

今年も多くの子ども達にお神輿体験を楽しんでもらいました。
皆さん、7月の浜降り祭にはぜひ、海までいらしてくださいね~!
お神輿を担いでみたい!と言う方も、茅ヶ崎JCまでご連絡ください。

本年もご協力いただきました、神輿康中里康則様、このゆびと~まれの皆さま、誠にありがとうございました!