第64回大岡越前祭越前行列・令和元年 奴隊

5月19日日曜日、快晴のお天気のもと、無事に大岡越前祭が開催されました。
茅ヶ崎JCは本年も、奴隊(やっこたい)として参加させていただきました
奴隊は大岡越前公をお守りする大切なお役目、越前行列の先頭を務めます。
奴頭(やっこがしら)と奴隊は事前に練習をして、本番に臨みます。
今回は写真を中心に、練習風景と本番当日をお届けします。

******************

晴れてよかった!衣装に着替える前、商工会議所の屋上で練習です


奴頭は衣装に着替えた後も、先生と念入りに練習です。今年は振りが例年になく難しかったとか。


いざ、出発!全員で気合い入れです。奴隊に参加すると、みな、このポーズを自然と取りたくなるのです。


パレードのスタート地点、茅ヶ崎小学校では、2018年度の奴頭、清水悠平先輩と、2017年度の奴頭 佐藤青藍先輩が、今年の奴頭 小川正史君を応援に来てくれました。奴頭はここ数年は、代々、当該年度の卒業生が務めます。


越前行列はビックパレードの中の一隊です。ビックパレードには奴隊以外のメンバーとして岡本理事長始めメンバーの多くが参加させていただきました。ハワイ州ホノルル市と姉妹締結を結ぶ茅ヶ崎市ですが、そのPRとして理事長は参加です。


茅ヶ崎小学校を出発して、一回目の奴隊の演武


二回目は、茅ヶ崎JCメンバー加納君のお店の前で演武。緊張しているのでしょうか。。。


茅ヶ崎駅南側で最も大勢の方に見ていただく場。気合いが入ります。沿道の皆さんの声が力になります。


茅ヶ崎駅北側に移動して来ました。ここまで全て徒歩です。女性メンバーが持つ赤い毛槍(けやり)は軽いのですが、男性メンバーの持つ白い毛槍は、かなり重いです。


越前行列で最も大勢の方が集まる、茅ヶ崎駅北側広場。大きな掛け声とともに、毛槍を高く振り上げます。


全員での みえ も決まりました


3月に入会したばかりのメンバーも


今年卒業するメンバーも、一緒に参加。
新入会員と卒業生が一つのことを一緒に成し遂げることで、生まれる絆と繋がる想いがあります。


今年の越前公は佐藤光市長が務められました。奴隊、無事に越前様をお守りすることができました。


今年は新入会員と卒業生を中心の構成となった奴隊でした。
沿道の皆さま、応援ありがとうございました!
また、演技指導でお世話になりました先生や、衣装の着付やメイク等でお世話になったスタッフの皆さま、ありがとうございました。