神奈川ブロック会長公式訪問

行政の括りでは2018年度の年度末の3月29日

公益社団法人日本青年会議所 関東地区 神奈川ブロック協議会会長公式訪問が行われました。

神奈川ブロック会長大崎厚郎君を始めとするブロック役員の皆さまが茅ヶ崎までお越しになり、本年度の神奈川ブロック協議会の運動についてご説明いただきました。

冒頭、岡本理事長による開催地理事長挨拶にも熱が入ります。

それは、本年度の神奈川ブロック協議会大崎会長は、2018年度に岡本理事長が神奈川ブロック協議会で委員長を務めた際の担当副会長という御縁があるからです。

大崎会長のご説明。大変分かりやすく理解することができました。「JCに使われることなく、事業に参加したら、必ず何か一つでも気づきを持ち帰ってほしい」

各委員会からの事業発表も行われました。

茅ヶ崎JCよりは、JC運動発信委員会には副委員長として監事奥本健太郎君が出向させていただいております。

拡大アカデミー委員会の委員長として副理事長小林拓也君

ブロック大会運営委員会には副委員長として理事森永信道君

同じくLOMの仲間がブロック事業でも大切な役割を担当していることを知りました。

その後、テーブル毎に分かれてディスカッションを行いました。

年度末のお忙しいなか、ブロック役員の皆さまに茅ヶ崎までお越しいただき、ありがとうございます。

神奈川は一つ

茅ヶ崎JCも本年はもちろんのこと

2020年の世界会議横浜大会や関東地区大会相模原大会に、神奈川のLOMの一員としてしっかりコミットさせていただきます。